キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 サファイアの査定ポイント : サファイア買取トータルナビ

サファイアの査定ポイント

サファイア買取トータルナビ

サファイアなどのカラーストーンは、石の産地、質、そして透明度が買取りの際の査定ポイントとなっています。
サファイアの査定ポイント

宝石は、希少性や高度に基づいて、貴石と半貴石に分けられています。

産出量が少ない宝石や、モース硬度が7以上の宝石は、一般的に貴石、貴石以外の宝石は、全てが半貴石と呼ばれています。

しかしながら、品質評価を判断する場合においては、貴石であってもダイヤモンド以外には、明確な品質評価基準が存在していないというのが現状です。

このように、はっきりとしたガイドラインがない状況で、買取業者でどのようにサファイア、ルビー、エメラルドなどの4大カラーストーン(色石)鑑定し、買取価格を決めているのでしょうか。

買取業者のサイトをみてみると、ほとんどの場合、石の産地、質、そして透明度によって査定が行なわれているようです。

サファイアを初めとしたカラーストーンは、産地によって色あいや濃さが異なることが多いのが特徴です。

透明感においては、石の中の内包物の有無、そして内包物の位置なども査定の際の判断基準になっています。

4大カラーストーンの場合、鑑別書や保証書がなくても、高額で買取されることも多いようですが、非加熱証明書、産地証明書、そしてノンオイル証明証があったほうが、より評価が高くなると言われています。

カラーストーンの中でも、特にヘンハンスメントやトリートメントといった人工的な処理がされていない非加熱のサファイアやルビー、ノンオイル処理のエメラルドは、市場に出回っている数が少なく希少性が高いことから、高額での買取りが非常に期待できると言われています。